◆地球温暖化防止のためにできること。


徳島の天然杉でできた扇!!!!!
港区議会議員 やなざわ亜紀 徳島 港区議会
連日の猛暑。日本はこんな気候ではなかったはず・・・。
私、なんとかしたい。私にできることを始めます!!

港区は地球温暖化防止に貢献することを目的に、区内で建てられる建築物等に国産木材の使用を促しているんです!
そうすることで、
①区内での二酸化炭素固定量を増やす、
②多くの地方で荒れ放題の国内の森林整備が促進され二酸化炭素吸収量の増加も図られる(そもそも海外の木材の方が安かったりで国産木材は売れにくく経営も厳しい上に、少子高齢化により ますます担い手も減り、山や森林が荒れ、二酸化炭素の吸収力の低下や土砂崩れなどの様々な問題を引き起こすという悪循環)。
地球温暖化対策だけではなく地方の土砂災害を少しでも防ぐ役割もできたら・・・。

私、港区の取組みが一層進むよう頑張るので皆様も応援してください!!
そして国産木材を利用してください^^

建築物だけでなく、木材はこうした扇やコースターの小物にも使えますね。
最近ではプラスティックストローゴミの問題が言われていますが、木のストローにも使えますね!
使用に関しては色々とアイディアが広がります。

今日は私が先日、徳島交流大使になったこともあり、
徳島県の農林水産部の方々と打ち合わせができました。
伝統工芸×最新の技術で化けるものもたくさん出てきそうです。

 

港区議会議員 やなざわ亜紀

 

 

 

 

みんなに広げてね!