◆港区議会 開会中&今夜放送の「Wの悲喜劇」に出演〜女性政治家〜


6月7日から16日まで、港区議会定例会が開かれています!
昨日までは代表質問・一般質問などが終わり、
来週からは各委員会に分かれて、それぞれの議案審議等に入ります。

その合間、週末の今日は、
早起きして娘のお弁当を作り、娘を学童クラブのバスハイク(牧場で牛の乳搾りをしたらしい。いいなぁ、私も乳搾りしたい!)へ送り出した後、

港区芝の御穂鹿嶋神社の例大祭に参拝
その後、医療的ケアを必要とするお子さん、ご両親からお話をお伺いして参りました。

お子さんは、現在、港区で、
障害児向け自宅でのマンツーマン保育「障害児訪問保育アニー」を利用されておりますが、
過去は港区には、その制度がありませんでしたので、
私も議会で何度も提案、議会以外でも交渉しているうちに、
フローレンスの駒崎代表に港区に来ていただき、
私と担当課長らと打ち合わせをし、実現した経緯があります。

今日は新たなお話もたくさん伺え、
共に何度か涙ぐみながら、
改めて心から頑張ろうと思えたのでした!!

政治家のやりがいというものは人によって違うと思いますが、
私は、
自分たちだけではどうしようもない部分もある、
目の前の困っている人のために力を尽くすことができるという点、
そしてその結果、
目の前の人、そして自分が出会わなくても同じ問題で困っている多くの人の手助けとなり、
社会問題を解決していける点、
私にとって、ここは大きいです。

さて、今夜23:45〜ですね、(収録は5月中旬にあったのですが)
タレント、モデル、司会などでご活躍のSHELLYさんがMCの
「Wの悲喜劇 〜日本一過激なオンナのニュース〜」が放送です!
今日のテーマ「「オンナの政治家はつらいよ」

ぜひご覧ください!
という、私がこの時間まで起きていられない気が・・・・
IMG_2420
↑ SHELLYさんと!

でも、シェリーさんとも話していたんですけど、
別に「オンナ政治家でつらい」ということ、私は特にないんですよね。
というのも、得している部分も、損している部分もあると思うのですが、
それは男女ともに言えることでしょうし、
私が男に産まれて男の政治家を経験してないから、正確な比較がわからないんです。
だから そこを考えても仕方がないかな、というのが私の考え。
セクハラ?うーん・・・まぁ・・・←皆さんが知りたくなるのはこの辺なのかなぁ。

私がやりくりが大変だと思うのは、
夜や土日の活動(公務、会合や会議、パーティー等)がかなり多い点。
私の実家が四国という遠方にあって、なかなか祖父母の手伝いを得られず、
シングルマザーで子育て真っ最中の私にとっては、きつい部分は確かにありますね。
でも乗り越えられないことはないと思っています。

ちなみに、この会合などに関しても、
私のように政党に所属している議員だと特に多いですが、
党によっても多い、少ないはありますし、(私の経験上、自民党は多いですね)
無所属の議員さんですと、党のが無い分、少ないですよね。
党に所属している議員はその分、人脈もできるし政策に関しても、国・都道府県・市区町村とつながりで勉強できたり解決できていけますし、(だから私は自民党に所属しています)
無所属ですと、自分の政策のみに集中できる。
なので、議員といっても、本当に様々。

よく「女性政治家を増やそう」という声があり、
それに賛成する人も反対する人もいるけれど、
男性だからこそ言える(わかる)気持ち・問題、女性だからこそ言える(わかる)気持ち・問題というのは絶対あって、(身体の構造も、脳の反応も違うんですから!)
それらがきちんと政治に反映されていれば良いのですが、
今、人口比に比べ女性政治家が圧倒的に少ないというのは、
やはり女性の本当の声というのは届きづらい状況にあって、
歪な社会を産む原因にもなると思います。

「女性議員を増やす!」ということに関しては、
以前よりやたら多方面からお声がけいただくので、
過去は、それより先にやることがあると思って躊躇もしていたのですが、
周りからのご要望が多いので、そろそろ本腰入れてやろうかなと思っているところ。

ただ誤解のないように声を大にして言いたいのですが、
私が目指すのは、男性であろうと女性であろうと、何かをあきらめないで進める社会!

私のキャッチコピーは私の名前の「亜紀(あき)」からの「あきらめない!」ですから。

IMG_3578
今日の御穂鹿嶋神社の例大祭の写真。
右は、日本が誇る女性政治家、山田みき衆議院議員!!
とにかく頭が良い!!(演説を聞いていてもダントツ!)
そしてチャーミングな仕草、大好きな政治家です!!

港区議会議員 やなざわ亜紀

みんなに広げてね!