小田あきは、やなざわ亜紀になりました。


今日は、重要なご報告があります。
実は、私は、約8年間の結婚生活に終止符を打ち、離婚いたしました。
今後は元々の自分の名前である「柳澤亜紀」、
政治活動の通称は「やなざわ亜紀」とさせていただきたいと思います。

この2つの結論、
考えに考えに考えた結果です。

大丈夫ですよ!
私は、以前より、めちゃくちゃ元気です!
より強くなって、パワーアップしてますから(笑)!
新居用に買った、組み立て式の大きい家具とか、ドリル使って、一人で作れたりするんですよ。
電気の配線も、ホイホイって、何でも一人で、できるようになりましたよ。
もちろん、それだけではありません。
以前より、ずっと笑えるようになりました。
仕事も、より一層、もっと自分から皆さんに対して心を開き、そのまま向かっていけるようになりました。
もっともっと皆さんの役に立ちたいと思って取り組んでいますから。
とにかく、大丈夫です!元気です!!

でも、それでも、時々ふっと、
特に、土日とか、街を楽しそうに歩いている家族を見ると、

「おっかしいなぁ。自分はなんでこうなっちゃった?」と思う時があります。

大好きな人がいて、暖かい家庭があって、一生懸命仕事して、それで幸せと感じる日々がある。
でも、それを多くの女性がやりたいと思っても、それがなかなかできない現実の社会がある。
だからこそ、結婚しても、子どもが生まれても、女性がもっと自由にのびのびと働ける社会を作りたい。
それで、みんなの笑顔が増えて、日本の経済も活性化して、
その結果、みんなが幸せになるといい。
だから、自分はそんな社会を作るんだ!

そう思っていたはずなのに、
そう思って、がんばってきたつもりだったのに、

なんで、自分の家庭は無くなっちゃったんだ?
失敗しちゃったんだ?どこが間違ってた?

ぽつり、
「まお、ごめん。」

私は・・・・、
私が一番幸せにしたい娘を、
今、悲しませていないだろうか?
まおは、今、幸せだろうか??

そう思うと、
ものすごく悲しくなったり、情けなくなったり、寂しい気持ちになったりします。

今も、深夜だからか、
最近、大塚都議の選挙を頑張りすぎて睡眠が足りないからか、
こう書いてて、涙がポロポロ出てきます。

(って、書くとかわいらしいけど、本当は鼻水もズルズルで、すごくぐちゃぐちゃの顔してます。)

でも、こうなったのも、自分の未熟さゆえ、これも自分の責任なんです。
それもわかっています。

だからこそ、今のこの現実を受け止め、振り返らず、もう一度、一から、全力で進みたい。
区民に対しても、誰よりも愛するまおのためにも。
絶対、幸せにするために、全力で進みたい。
その決意の証として、私は、名前を変えます。
「小田あき」ではなく、「やなざわ亜紀」でやらせてください。
これからも、これまで以上に全身全霊で頑張りますから!

でも、時々助けてくださいね。
それは、皆さんの優しさ、笑顔、勇気です。
皆さんがいると、私の元気は何倍にもなりますから。

港区議会議員 やなざわ亜紀


小田あきは、やなざわ亜紀になりました。 港区議会議員やなざわ亜紀

みんなに広げてね!