今日は「文化の日」。平成26年度港区指定有形文化財をご紹介


今日は文化の日ですね!

ちょうど先日10月29日の区民文教委員会で、
「H26年度港区指定有形文化財の指定について」報告がありましたので、このブログ記事でもご紹介します。
2つあります。

1つは、古文書 山本家文書 15点 附 関連資料3点
もう1つは、歴史資料 メーソン&ハムリン社製リードオルガン 1点

来年2月に港区の郷土資料館で展示される予定です。
ぜひご覧くださいませ!!

そして、
幕末歴史好きの私は、この山本家の古文書に、
大久保一翁さんの名前を発見して、
委員会中も、興奮していました!!

一翁さん!!

坂本龍馬との話や、
徳川幕府の政事総裁職としての話、
江戸城の無血開城に尽力した人の一人としては知っていたけど、
その後、東京の知事になっていたのですね!!

やっぱり明治以降ももっと勉強しないとな~~~。

時代が時代なら一緒に働いていたのかもしれない!
なんて思うと、
どんな人だったのだろうと、想像が膨らみ、胸が高鳴りました。

今日は「文化の日」。平成26年度港区指定有形文化財をご紹介


有形・無形問わず、

文化を次世代に引き継いで行く、
また文化についてを考える、

非常に大事なこの日を、
より愛おしく思ったりする今日なのでした。

港区議会議員 やなざわ亜紀

みんなに広げてね!