同郷の女性から「勇気をもらえた」など、多くのメッセージをいただきました。


先日、地元、徳島の新聞に掲載していただきました。
同郷の女性から「勇気をもらえた」など、多くのメッセージをいただきました。 港区議会議員 やなざわ亜紀
※撮ってもらった写真をスキャナで取り込んだせいか画質がイマイチでスミマセン・・。

-「安心して女性が子供を産み、育て、仕事を続けられるような社会にしたい」。東京・港区の新人区議。同世代の母親、女性の代表として、子育て支援策の充実を目指す。-
など、政策の部分や、想い、徳島の人との絆についても、記載していただいています。

区議になったことは、地元のお友達にもほとんど伝えていなかったので、とても驚かれました。
お友達や知人、記事を見てくださった方々から、電話やメールで、「勇気をもらえた」「私も頑張ろうと思った」など暖かいメッセージをたくさんいただきました。

【自身の存在が誰かのモチベーションになることができた。】

「区議になって良かった」とまた思えた瞬間でした。

掲載していただいた徳島新聞社様、読んでいただいた皆様、ありがとうございました。

港区議会議員 小田あき(現 やなざわ亜紀)

みんなに広げてね!