娘の保育参観中に地震発生!港区の防災対策に活かします。


皆さん、昼間の地震は大丈夫でしたか?

私は、今日の午前中は娘の保育参観で、

今日の地震はその終わりに遭遇しました。


園児たち皆と室内や園庭で遊んで、給食を食べて、

自分も3歳、4歳になったつもりで遊んだりもして、

娘の姿はもちろんですが、みんなの成長している姿に感無量になりつつ、

役所に行かなければならない時間になったので、

挨拶をし、玄関を出ようとしたところで、地震発生!!


一瞬歩けないほどでした。


「また余震がくるかも!」と、すぐ部屋に戻りました。


日頃入念に訓練している園なので、

先生はしっかりと対応されていて、

みんなが部屋の中央に集まって

防災ヘルメットをかぶっているところでした。


今日は訓練ではないので

(訓練なら様子を見守るところですが)、


私も、かぶれていない子のヘルメットを一緒につけたりしました。



その後の情報放送で、「津波は来ない」ことを確認、


そのまま皆で部屋の中央に固まって、避難靴に履き替えました。


そしてまた次の情報で、

「引き続き注意は必要だけれど、ひとまず大丈夫そうで、気をつけながら通常保育に戻りましょう」という内容の放送が入り、

担任の先生から園児たちにもそのように声かけがあり、日常に戻っていきました。


子どもたちも不安は感じつつも、静かに放送を聞け、その後、担任の先生の指示をしっかりと聞き、動くということが、きちんとできておりました。


日頃の訓練は本当に重要で欠かしてはいけないと改めて思いました。


これがもっと大きな地震だったら?

ここは、日頃しっかり訓練している園だけど、大人の世界だったらどうか?


など、考えさせられることはたくさんありました。


今日の経験も活かし、

港区の防災施策をより強めて行きたいと思います。



港区議会議員  やなざわ亜紀

みんなに広げてね!