東京国際映画祭にご招待いただきました。ミラ・ジョヴォヴィッチが素敵過ぎて。


日本で唯一の国際映画製作者連盟公認の国際映画祭、東京国際映画祭にご招待いただき、
10月22日土曜日、六本木ヒルズ(港区)のオープニングセレモニーに出席しました。

前職の資生堂にいたころは、コレクションとか、新製品の発表会とか、華やかなこともありましたが、その時はあくまで運営側とか勉強側でしたし、プライベートではなくお仕事で、それもアジア最大級の映画祭!ここまで華やかイベントに出席者側で参加でき、本当に光栄に思います。
それに、政治家生活ほぼ半年、
初心のままの未来ビジョンはずっと変わらず持っています。
しかし、そのゴールへ行き着くまでの、「もつれ」や「ほつれ」、「壁」。
それらをどう取り除いていくか、また乗り越えていくか・・・。
進んでいる間に新たな課題や問題も見えたり起こってくる。
そんな毎日をずっと水面下で模索しながら地道に、時には孤独に、でもアドレナリン全開でやっているので、
このときばかりは「イベントと映画を楽しむ!」ということだけに集中して出席させていただきました☆

ではでは、ご紹介~。
これがグリーンカーペットです。
東京国際映画祭にご招待いただきました。ミラ・ジョヴォヴィッチが素敵過ぎて。
私は、ちらっとですが、阿部寛さんや黒木メイサさん、中井貴一さんを見ました!!素敵でした~!
港区に住んでいると、レストランやお店、道路などで、芸能人の方を偶然お見かけすることもけっこうありますが、
「オフの時はオフで過ごしたいだろうな」と常々思っているので、そんな時は私は極端に冷静なタイプ。
しかし、この日はイベントなので、「かわい~!」「○○はいないのかな~♪」とはしゃいでました。
東京国際映画祭にご招待いただきました。ミラ・ジョヴォヴィッチが素敵過ぎて。 港区議会議員 やなざわ亜紀
これは私!(注:歩道です)
ドレスコードに「オープニングはタキシード、フォーマルドレス、クロージングはダークスーツ、ジャケット」と書いてあって、
数年前にドレスコードがフォーマルドレスのチャリティーパーティーに出席したときに、
ある方が他の参加者を見て「フォーマルドレスなのに、カクテルドレスで参加していた人がいてマナーを疑う!」と嘆いて(怒って?)おり、
その時、私は怒られず、その様子が雑誌にも出たので、これなら大丈夫かなーと同じ格好にしました。黒のロングドレスです。
そしたら、待ち合わせして一緒に出席した清家議員に「気合入れすぎでしょ(笑)」と突っ込まれ「そうなんですよ~、困りました」と二人で大笑いしました。
実際、私はグリーンカーペットではなく(本当は歩いても良かったらしいんですが)、ドレスで歩道を歩きながら清家議員を待ったりしていたので、
「誰ー?」とかえって変な注目を浴びました(呆)
問いかけてくださった方、ごめんなさい!

映画祭、私が最も感動したのが、ミラ・ジョヴォヴィッチです!
東京国際映画祭にご招待いただきました。ミラ・ジョヴォヴィッチが素敵過ぎて。
美人でスタイル抜群なだけでなくて、しぐさとか話し方とか話す内容も自信も、全てがチャーミングで、すっかり好きになってしまいました!
「日本が大好きで日本にこれたのが本当に嬉しい、でも36時間しか滞在時間がないの」、
日本や作品への愛、監督や共演者を褒め称えること、
などなど、
言葉の一つ一つが本当に思いやりやユーモアがあり、魅力的で、あんな女性になりたいな~(無理だけどw)と、とっても憧れます!
東京国際映画祭にご招待いただきました。ミラ・ジョヴォヴィッチが素敵過ぎて。
そしてミラも出演している公式オープニング作品『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』を観ました。
内容は控えますが(サイトで見てくださいね)、とっても面白かった♪
「単純!」とか言われたりもしましたが、こういう映画が私は好きです~。
アドベンチャー、近世フランスの雰囲気、伝説の戦士たち(しかも圧倒的に強い!」)、正義と悪、ロマンス、そして素敵なキャスト!ミラももちろんですが、ガブリエルも本当にかわいい!、三銃士もかっこいいし、オーランド・ブルームもかっこいい!
(確かに並び立てると単純に思えますが、)私が好きな要素がいっぱいでした。
皆さんも楽しんでいただけると思いますのでぜひ観てくださいね!

ただ、飛行船がノートルダム寺院に突っ込んでしまうシーン(あれはノートルダム寺院ですよね?)があるのですが、寺院が破壊されていくさまを見て、瞬間思ったことが
「あーーーーー!税金がぁぁあぁあ!」でした(笑)。(補修に多大な税金を使うと思うので)
そんな風に思うのは明らかに議員になってからだと思います。

そして、じわじわとなんだか感動してきているのが、冒頭でご挨拶されていた野田総理について。
東京国際映画祭にご招待いただきました。ミラ・ジョヴォヴィッチが素敵過ぎて。
これは改めてまた書きます。

映画の後のレセプションにて。港区議の皆さんたちと。
東京国際映画祭にご招待いただきました。ミラ・ジョヴォヴィッチが素敵過ぎて。
「いいじゃーん」「かわい~」と言ってくださって、少しほっとしました(笑)
普段スーツでびしっと決めている皆さんも今日はドレスでとっても素敵でした♪

映画ってやっぱりいいですね~。
映画を通じて空間が一つになる・・・。

一人ひとりの心の豊かさ、文化として、また産業として、しっかりと育んでいかなければいけないと思いました。

港区議会議員 小田あき(現 やなざわ亜紀)

みんなに広げてね!