浅田真央のいないシーズンが開幕ーフィギュア


真央ちゃんのいないシーズンが始まりました。
今日は、ジャパンオープン。日本は3位だったんですね。
選手の皆さん、お疲れさまでした!
この、ジャパンオープン、
日本、北米、欧州によるフィギュアスケートのチーム対抗戦で、日本での大会かつ、男女両方の選手が観られるなど、なかなかのお得感もあり、

真央ちゃんが出場の年のみ、毎回観に行っていました。
今日は、大会があったことすら忘れていたので、
ついに、真央ちゃんのいないシーズンが始まったんだな~と改めて思いました。

2006年から現地でみているので、浅田真央選手のジャパンオープンの演目と共に、振り返ってみます。

☆2006年:浅田真央 くるみ割り人形 125.72
 15歳でグランプリファイナル優勝をした浅田真央ちゃん。この時はラベンダーカラーの衣装。
ふわっと跳んだ瞬間、くるくるくるっ!と周る。
生で初めて観た華麗なトリプルアクセルは、今でも目に焼き付いています。ほぼ完璧な演技で女子最高得点をマーク。
本当に、妖精みたいな真央ちゃんでした。

☆2007年:浅田真央 チャルダッシュ 101.47
   ショート5位から奇跡のフリー1位で世界選手権銀メダルを取った後の大会。あの時から真央ちゃんのアスリートとしての気持ちと、真央ちゃんが起こす奇跡に、私は釘付けでした。この時は、トリプルアクセルは決めたけど、後は失敗が続いたかな・・・。でも、あのチャルダッシュが観れて良かったな~と思えた大会でした。

☆2008年:浅田真央 幻想即興曲 128.03
  世界選手権初優勝後、新女王となってからの大会。世界選手権と同じ幻想即興曲で。3回転3回転は1回、しかも回転不足だったので、超高得点とはならなかったけど、昨年と同様、奇跡の演技(世界選手権のフリー演技、冒頭のトリプルアクセルの大転倒にも関わらず、他は完璧の演技をし、涙の初優勝となった世界選手権)の後の大会だったので、本当に期待して観ていました。この大会前に、「世界選手権で失敗したトリプルアクセルを決めます!」と公言した通り、この大会では、見事トリプルアクセルを決めてくれました。有言実行、それが真央ちゃんです。

☆2009年:浅田真央 鐘 102.94
いよいよバンクーバーオリンピックシーズン!!
キム・ヨナが自分の弱みをカバーし、強みと魅力を存分にプログラムに反映させて、実力も結果も出してきている最中、
真央ちゃんは、前年にフリーで使った仮面舞踏会を引き続きショートで、そして、フリーは鐘。
夏に「鐘」という曲で演技をすると聞いて、あまりにも暗すぎる雰囲気の曲に、真央ちゃんと全く合いそうもなく、大丈夫なのかなぁと、私が鐘の曲の雰囲気のような気持ちに・・・。でも、「今日、真央ちゃんの演技を観たら気持ちが変わるかも!」と思って観に行ったのだけど、この時は冒頭2回のトリプルアクセルを失敗して、3回転3回転の連続ジャンプも予想通り入っておらず、さらに暗い気持ちになったのでした。
(ルールの改正がやはり本当につらいものがありましたね・・・)
とはいえ、このシーズン、この後、成績もどんどん悪くなっていったのに、オリンピックでは、素晴らしい、仮面舞踏会と、鐘を披露してくれた真央ちゃん。鐘の、最初から最後まで、トリプルアクセルはもちろん、スパイラルからステップ、失敗したシーンも含め、全てにおいて涙が止まりませんでした。

☆2010年:浅田真央 愛の夢 92.44
この年、観に行ったかな。全然覚えていない。
が、ジャンプを1から創り直すシーズン開始ということで、ほとんど全部ジャンプ失敗しちゃった時でしたよね。

☆2012年:浅田真央 白鳥の湖 122.04
きたーーーーー!!という印象だったのを強烈に覚えています。もともとずっと「白鳥の湖」を演技して欲しかったのもあるし、生で観て、想像以上の演技に、本当に、「真央ちゃんが帰ってきた!!」という印象を与えてくれた白鳥の湖。最後のステップからスパイラルへ向かうところ、そしてフィニッシュ!うますぎて、迫力ありすぎて、感動で涙!
また観たいなぁ。

☆2013年:浅田真央 ピアノ協奏曲第2番 135.16
曲に関しては、昨年に、最も演じて欲しかった“白鳥の湖”だったので、今年は何をするのだろうと思っていました。そして、ラフマニノフと聞いたときは、「無難なところきたなぁ、でもそれでいい!感動作品がみたい!」という印象でした。
ジャパンオープン当日は、演技は得点は良かったのだけど、私は3回転3回転がプログラムに入っていないこと、ルッツの矯正がやはり難しいんだな、このままではソチの金メダルは難しいのかなという印象でした。真央ちゃんもいろいろ思うところがあったのか、グランプリシリーズは勝ち続けていたのに、トリプルアクセルを2回入れるとしたあたりから、危うくなってしまいました。そ

みんなに広げてね!