港区より「4分の1節電のお願い」。どうすれば節電できるの?


港区より「4分の1節電のお願い」がなされています。

http://www.city.minato.tokyo.jp/kinkyu/kinkyu.html

港区はビジネスの中枢地区という事もあり、
計画停電の対象外となっているだけに、
区民1人1人の節電の心がけを他地域以上に気をつけたいところですね。

でも、どうやって4分の1も節電するんだろう?

これが私の最初の疑問でした。
そこで、ちょっと調べてみました!

まず、そもそも電気は何に多く使われているか見てみました。

港区より「4分の1節電のお願い」。どうすれば節電できるの? 港区議会議員 小田あき(現 やなざわ亜紀)

allabout より引用

これを見ると、エアコン&冷蔵庫&照明器具が上位3つ。

これら3つの対策がまず効果的の様です。

その1.エアコン(暖房)

まず洋服・毛布などで暖を取り暖房を使わないようにする。

一日中付けっぱなしなのを本当に寒いときに利用するだけで大幅削減可能ですね。

これが一番効果がありそうです。

どうしても利用したいときも、設定温度を1度変更すると10%減少するそうです

設定温度22度→20度で20%OFF!

子どもがいると暖房を完全に利用しないというのはなかなか難しいですが、

利用時間を半分にして、利用するときも2度温度を下げれば、暖房代を60%OFF。

これで節電効果15%に相当します。

その2:冷蔵庫

今までこんな機能があるとは知らなかったのですが運転モードを弱にできる様です。

さっそく我が家もやってみました。皆さんも是非一度ご確認ください!

「強」から「弱」に設定を変えるだけで電気代を20%も節約。中から弱だと10%程度かな?

これで節電効果1.6%程度です。

あとは、開け閉めを少なくする。

冷蔵庫は少なめに、冷凍庫は多めに入れるとよいそうです。

その3.照明器具

本当に必要のあるときだけをつけるようにしましょう。

そして、なるべく家族で集まって利用する、

一緒のタイミングで寝るなど工夫すれば、

照明を減らすのも効果的かな?

一家団欒もできて一石二鳥ですね!

我が家は子どもは早く寝て、夫は寝るのが遅いので、

ここを工夫するだけで大分節電効果が見込めそうです。

ここも20%削減できれば節電効果は3.6%です。

4.パソコン

これは番外編ですが我が家はデスクトップパソコンを共有サーバーとして常時つけていたので、
本当に必要なときだけ電源を付けるようにしました。

液晶型パソコンの月の電気代は1000円程度なので、

節電効果は5%はありそうです。

以上で、なんとか25%の節電を心がけられそうです。

日頃の電気代を見直すよい機会と捉えて、

一度ご家族で節電方法を話しあってみてくださいね!

みんなに広げてね!