港区・液状化マップ


港区・液状化マップ
こちら、港区の液状化マップです。
平成8年と記載されてますが、
「港区地域防災計画素案・震災資料編・平成19年」にも掲載されており、現在もこれを使用しています。
赤が、液状化が発生しやすい地域(2.4%)
黄色が、液状化の発生が少ない地域(26.7%)
緑が、液状化がほとんど発生しない地域(70.9%)
です。

液状化は、必ずしも埋立地だからしやすいというわけではなく、
もともとそこにある砂の性質によるようです。

また、液状化がしやすい土地と言っても、
港区の大きいビルのほとんどは、
深いところまで杭を打っているので建物が倒壊する心配はほぼないそう。
(あくまで、ほとんどのビル、と「ほとんど」がつきます。
どの建物が安全か危険かというのは、私有物のため把握できないそうです。私有ですからね。)

ただ、建物の心配は少なくても、
その周囲の環境、
例えば、道路とか、水道管などがダメになってしまう可能性はあるので、
どう対応していくかを行政側も個人も企業も考えていく必要があると感じました。

また、今年度中に、
改めて地盤を調査することも決定したそうです。
新たな情報がわかった場合、すぐに皆様にお知らせしますね!

ちなみにマップが欲しい方は、
港区役所6Fの建築課・構造係でもらえます。

港区議会議員 小田あき(現 やなざわ亜紀)

みんなに広げてね!