港区議会 第2回定例会終了


港区議会議員 やなざわ亜紀

先週末で第二回港区議会定例会が終了しました。最終日には委員会の選出があり、私はもう一年 建設常任委員会 副委員長を務めることになりました。港区で進めるまちづくりが住民の幸せと日本の発展につながるよう精一杯頑張ります。

 

さて、議会中は様々な心痛む出来事がありました。

大阪北部地震では通学路のブロック塀倒壊で小学4年生の女の子がお亡くなりになりました。港区のブロック塀に危険はないか?建設常任委員会では今、住宅課と地域交通課を中心に調査をして頂いています。

 

また、議会最終日には、港区で4歳の次女の背中に熱したフライパンを押し当てるなどの虐待をした母親が逮捕されたという話が飛び込んで来ました。他県から港区に引っ越してきたばかりのご一家でしたが、港区も事件当日にご家庭を訪問し母親とも面会をしていたとのことで、どうすれば虐待を防げたのか、また自治体として虐待をどう防いでいくのかと頭を悩ませています。

基礎自治体ができること、さらに しなければいけないことはまだまだあります!一つずつとか言っていられない状況です。自分の全力はもちろん、多くの方の助けも必要です。

今後とも宜しくお願いいたします!

 

 

港区議会議員 やなざわ亜紀

みんなに広げてね!