芝浦運河にイルミネーションを!!運河沿いのまちづくりについて


港区の都市の発展を考えるとき、
港区民はもちろん、通勤、通学、旅行など訪れた人が
心豊かな気持ちでいられるよう、美しい街並みを形成していかなければならないと思います。
そして、私は、港区の水辺空間を日本のミニ・ヴェネチアと呼ばれるほど素敵な街に成長させたいと思っているのですが、

ヴェネチアのボート

ヴェネチアのボート


そのためにも、運河沿いに形成される街並みの魅力を高めていくことが必要です。

そこで今回の港区議会の予算委員会では、
新芝橋と新芝運河沿いの緑地に取り付けられたイルミネーションについて、
まちからのご要望もあるので、行政に質問しました!

田町駅東口を出て芝浦アイランドへ向かって最初に渡る橋が新芝橋ですが、
新芝運河に架かるこの橋は、
芝浦運河祭りが開催される2日間と12月1日〜1月31日の2ヶ月間、
午後17時を過ぎると芝浦商店会によるイルミネーションのやわらかな光に包まれます。
暖色系の橙色と、青紫の光で、
運河沿いの欄干にも二重に取り付けられたイルミネーションが、運河の水に映って、幻想的な光景を作り出し、
そこを通る区民の方や通勤者の方などに、憩い、癒しを与えてくれています。

芝浦運河 イルミネーション

芝浦の運河沿いのイルミネーション

「今は、商店街施策の歳末セールの一環として行われているこの事業ですが、
運河沿いの魅力を高めるための取組として、
まちづくりの取組として、期間の延長や、回数を増やすなど、行っていただきたい!」

役所からは下記の答弁をいただきました!

新芝橋と新芝運河沿いのイルミネーションは、橋や遊歩道を通行される方々に普段とは違う運河の魅力を再確認いただける貴重な機会と考えております。
このイルミネーションは芝浦商店街が、芝浦のイメージを高めるため、歳末セールの際に運河を地域の方々などに一層親しんでいただこうと計画され、区も協力しながら実施されている事業です。
この事業は開催の回数を重ねながら、イルミネーション設置の範囲が徐々に広がり、回数も増えるなど、地域の方々の目に触れる機会も増えてきております。
区は今後も、芝浦商店会から、期間の延長や回数を増やすことなどのご要望を頂いた場合には、引き続き協力してまいります。

だそうです!!
ということを受けて、前から芝浦の青年部とは話をしていたのですが、
さっそく芝浦商店街の会長と顧問の方とも話をしました〜!
議会側と街側と共に協力して取組んでいきたいです!!

芝浦をヴェネチアに〜!!

港区議会議員 やなざわ亜紀

みんなに広げてね!