◆2つの事業が実現します!ただ、ただ嬉しい!


港区議会議員 やなざわ亜紀

昨日のお昼

港区役所前の芝公園にて。

頑張ってくるぞー!という気持ちのとき。

昨日は、本当に嬉しかったことがありました!
もう泣きそうだよ〜
うるうる・・・

昨日は、行政から自民党議員団に、来週から始まる議会の議案説明がありました。
次の議会で計上されることになった補正予算に、途中からニコニコと感激が溢れ出して・・・。

☆予算計上されました!嬉しかったこと①

障害、疾病等により保育及び医療的ケアを必要とし、集団保育が著しく困難な幼児を対象とする居宅訪問型保育事業が実施されます!!

今までは、医療的ケアを必要とするお子さんを預かったりできる事業は港区にはなかったのですが、フローレンスのアニーが港区にも!!
駒崎さんにお願いして港区役所に来ていただいて、フローレンスと、私と、保育課と打ち合わせをして、ついに。。。 12月から実施されます。 予定より早まって今回の議会の補正予算に入れてくださったそう。
保護者の方から、「子どもにも彼なりのコミュニティを作ってあげたい、その中で周囲の助けは必要とすると思いますが、いつか自立して生きて行ってほしいと親として願っております。」なんてメールもいただき、読み返しても読み返しても泣きそうになります。
必要性を訴え続け2年かかった、そしてこの4月から新制度ができ、今港区でも・・・・嬉しい。

☆予算計上されました!嬉しかったこと②

区内の小児初期救急医療体制を強化し、区民が安心して子育てができる環境を充実させるため、平日夜間における小児の急病患者に対する初期救急診療事業の実施に要する経費を計上します!

固定の夜間の初期の小児救急医療機関の設置は市区町村の責務であるのだけど、港区には二次救急医療が充実しているからという理由などもあり、これまではなかったのです。でも二次救急医療って大人の患者さんもいるし、小児専門ではないし、翌朝まで様子をみてください、なんて言われたりもするし、港区は子どもが増えているし・・・と必要性を訴え続けてきたのですが、なんと今回、予算が組まれることになってーーー本当に嬉しい!!愛育病院に11月からできます!!
こっちは4年かかったな・・・。

喜んでくれる人、安心してくれる人の顔、
あの人はどんな気持ちになってくれるだろう、なんと言ってくれるだろう、
そう想像すると、やっぱり泣けてくる。
1期目からずっと取組んで来たことだから。

辛かったことも悲しかった事も、悔しかったことも、散々悩んだことも、こうして今があることに、
2期目やっぱり挑戦して良かった。
そして選んでくださった皆さん、本当にありがとうございます。
応援してくださっている皆さん、本当にありがとうございます。

事業の詳細はまた書いていきますね!!

※9/3  詳細追記→居宅訪問型保育事業を実施します!

 

港区議会議員 やなざわ亜紀

みんなに広げてね!