4月の待機児童状況について。よし!ついに0歳児の待機児童ゼロへ・・・!!?


IMG_7368
もうすぐ4月になりますが、本当に嬉しいことに、ついに4月入所の0歳児の待機児童がゼロになりそうです!!!
内定から入園まで終えていないので、まだはっきりと確定数字を発表できる段階ではありませんが、
昨年4月1日には43人だった0歳児の待機児童がついに0人に。
やった~!
港区議になってしっかり取り組んできて良かったー!と、一番嬉しいことではあります!
しかし、複雑な思いもあります。
今後、恐ろしい少子化の波がますます押し寄せること(全国的に)と、1歳児、2歳児の待機児童がまだまだ爆発的に多いからです。
少子化についてはまた改めて書きますが、今日は、先日終わった予算特別委員会で、
1歳児と2歳児の待機児童解消のために行った質問と区役所の答弁を以下に書きます。

小田あき質問:
今年4月の保育園申し込み、もしくは内定状況を見ると、1歳、2歳の待機児童が大問題となりそうです。
一方で、特に認証保育所では0歳児は空いてきていると聞いています。
また従来通り、4歳、5歳児も定員割れしそうなところもあります。
空いているスペースを使って、待機児童が多い1,2歳の受け入れ定員について柔軟な対応は検討できないでしょうか?
認証保育所への交渉も含めてお願いいたします。

区役所、担当者答弁:
4月入所の認可保育園及び緊急暫定保育室の一次選考申し込み状況から、0歳児については申し込み者数と定員の空きが拮抗しており、ほぼ申し込み者が入園できる状況となっています。
一方、1歳から2歳児については、いまだ待機が生じる状況が見込まれております。
このため、認証保育所において0歳児の定員に空きが生じるなど、区内の入所状況に変化が予測されることから、
区では、既存施設の活用方法の工夫による1~2歳児の受け入れ拡大など、柔軟かつ多様な手法により待機児童解消に努めてまいります。

ということで、
待機児童が多い1歳児、2歳児の受け入れについて、積極的に対応を進めてくれることになりました。
特に、認証保育所では0歳児のお部屋が広く空く場合があるので、
そこで、1、2歳児の定員を確保してもらえるよう交渉を進めてくれるそうです!
入園できず、待機児童になってしまった方も、
今後もしかしたらどこかの保育所に入れるかもしれませんので、
諦めずに、今は子どもさんとたっぷりいられる時間だと思って待っててくださいね!

ちなみに、まぁ、こういう質問や提案をすると、
「空いてるからって入れたらいいってもんじゃないんだよ」という声が上がります。
実際、上記のヤジが私に飛んできました(汗)
ヤジが飛んでくると一瞬びくりとしますが(汗)、

保育園に入れないことで、親がキャリアを失ったり、密室育児で子どもに対しての虐待が起きたり、子どもを今後産むことを躊躇う人が多いのも現実です。

子どもの安全・安心を確保した上で、信念を持って、今後もしっかりと取り組んでいきたいと思います!

港区議会議員 小田あき(現 やなざわ亜紀)

みんなに広げてね!