2013年 想い


新年あけましておめでとうございます。
港区議会全体も4日から始動しております。
↓は、年賀交歓会の後の恒例の集合写真です。
後列真ん中の方でピースしてるのが私です。本番撮影はピースはしてませんよ(笑)

2013年 想い 港区議会議員 やなざわ亜紀

この日、皆の顔を見て、ますますやる気も湧いてきました。
志を同じくする仲間がいるのはありがたいことです。
そして、改めて、いつも私をご支援いただいいる皆さまに心より感謝いたします。

さて、昨年末は、公の仕事納めの日まで、
嬉しい想いと腹立たしい想い、両極端の気持ちがずっとありました。

自分の仕事はうまく行っていて、
「亜紀ちゃんに相談してから、本当に(あることが)良くなった。みんな言ってるよ。感謝してる。ありがとう」
と、ある日ママ友さんが言ってくれたことは、この仕事に対する何より嬉しいクリスマスプレゼントでした。
町内会の年末の夜警にも参加し、極寒で手がかじかんで物が持てなくなるほどではありましたが、地域の人と人のつながりや暖かみを改めて感じる良い活動ができました。

2013年 想い 港区議会議員 やなざわ亜紀

(↑12月25日のパトロール)

そして、こういったことから、
やはり私は誰かに喜んでもらうこと、
1つでも多くの笑顔をつくり、守っていくこと、
つまりは、社会を良くしていくこと、
これに強いモチベーションを感じ、
これが自分の幸せであり、私がこの世にいる意味なのだろうと改めて思います。

だからこそ、腹立たしいことも多くありました。
初志である港区の待機児童解決もまだまだ道半。
子育て支援に関して発言する議員が増えたことから、
港区行政も大分変わったというお声をいただいており、嬉しいことではありますが、
それでも自分に対して腹立っていますし、
これまで1年半以上、区議会議員をつとめ、
待機児童だけではなく、自分のやりたいことや、やるべきことも更に見えて参りました。

それらの課題解決のために、
港区の役所に対して思うことや、国に対して思うことがいっぱい涌き出ている毎日です。
国に対しては、国の方で変えて欲しい法律や、作ってもらいたい法律、いち早く推進して欲しい法律が多くあります。

なぜなら地方分権が進んでいる世の中ではありますが(もっと進めるべき)、
それでも、一部、地方行政には限界があり、
また地方で決められることだとしても、
よほど首長が先進的かつ斬新でない限り、国が動かないと、地方はなかなか動きません。
そこに民のニーズがあってもなのです!(そこに私は怒っているわけですが・・・)

国は進めるべき事を休み無く進めて欲しい。日本のために、国民のために。

「改めて当選した政治家には心底頑張ってもらいたい。」

私は、選挙前からずっとそう思い、昨年末の選挙もその渦中におりました。
しかし、総選挙後は、
腹立たしい想いに駆られることが多くありました。

ある政治家たちに対しては、
「これが当選した政治家か?国の政治を預かり、国を作っていく者としての気骨は無いのか?大志はどこにあるのか?意地は無いのか?」と、怒り、呆れ、失望もしました。

また、これは怒りでは無いのですが、国民に対しての警鐘もあります。

新しい政権となり、国が良い方向へ向かっていくならば、それで良いのです。

ただ心配なのは、自民党は圧倒的議席数を獲得した与党となりましたが、選挙については多く言われているのが、自民党への支持拡大というより、民主党の瓦解、第三極の台頭です。
また多くの人がご存知のように、比例区での自民党への得票数は、前回民主党が圧勝した時よりも、さらに今回の方が減っているのです。
いくら投票率が下がっているとは言え「これでは・・・」と心配に思います。

何を懸念しているかというと、今の政権を駄目だと言っているのではなく、
「国民の本当の意思が政治に反映されていくのか?」ということです。

今回の選挙でどれだけの人が各党のマニフェストを読んだでしょうか?自民党のマニフェストは?

例えば、仮に、今後多くの国民が「そんなことは望んでいない!」と思うことがあったとしても、圧倒的与党である政権下では、動いていくのです。私はそこを懸念しているのです。

とは言え、今回当選された方々は、この選挙に対しての自分たちへの支持率のことは周り以上に言われておりましたので、これまで以上に私たち国民の声に耳を傾けてくれるはずだと信じています。
だからこそ、これからさらに大事なのは国民の関心度と声だと思うのです。

政治に関心も興味も期待もないという若い方は多くいるように思いますが、
これでも無関心でいられますか?

「言っても変わらない」ことは無いのです。
「何も言わなければ何も変わらない」のです。
変わらないばかりか、ひどい方へと行く可能性だってあります。
その1つが、この世界に類を見ない超スピードで進んでいる少子高齢化の社会なのではないですか?
今のこの状態で明るい未来とは言えますか?

私たちの未来は誰が作っていくのか?
それは間違いなく私たち一人ひとりなのです。

政治・行政・企業、そこに暮らす私たち、
私は、特に政治・行政と私たちが乖離することのないよう、
先送りせず、目先の利益だけ考えず、気概を持ってやって参りたいと思います。

そのためにも、
昨年中ぼんやりと考えていた2013年にしたいこと、やるべきことを、
2013年、それぞれ月単位で計画し、大晦日の夜に一晩かけて作り上げました。
月単位で作成することは、これまでなかったように思います。
これらを着実に実行し、突然のことが起こっても冷静に柔軟に対応しつつ、実ある1年にしていきたいと思います。
ちなみに、テーマは「更なる自立と発展」です。

2013年が皆様にとって輝かしい1年となりますように。

港区議会議員 小田あき(現 やなざわ亜紀)

【おまけその1〜私とまおの年始 in 兵庫県淡路島〜】

2013年 想い 港区議会議員 やなざわ亜紀

イチゴ狩り♪

2013年 想い 港区議会議員 やなざわ亜紀

わ!「あきひめ」というイチゴだ!!

2013年 想い

お餅つき〜♪

2013年 想い

私の首に蛇!!まおは泣き顔。手は「意地でも触らない〜」と。


2013年 想い 港区議会議員 やなざわ亜紀

鷹はちょっとびびってたけど喜んでました。手になすびを握らされてます。背景は富士山。

2013年 想い 港区議会議員 やなざわ亜紀

酪農体験〜。子牛にお乳をあげました。

2013年 想い 港区議会議員 やなざわ亜紀

【おまけその2 ブルガリ銀座タワー】
ブルガリの代表的なアイコン、セルペンティ(蛇)

2013年 想い

2013年、どんな時も、暖かく愛で満ちた心でいるつもり。
いつでも何でもご相談くださいね。頼ってください。

港区議会議員 小田あき(現 やなざわ亜紀)

みんなに広げてね!