◆学校給食への緊急支援について


港区議会議員 やなざわ亜紀

ウクライナ情勢等による食材費高騰の影響を受け、今後も給食食材費の増加が見込まれます。学校給食の質を確保し、安定的な提供を継続するためには学校給食費の増額が必要ですが、港区はこれまでの支援に加え、学校給食で扱う精米を区が全額公費負担することで、保護者負担を据え置きます。私からは、何人かの子どもたちからのヒアリングにより、メニューの量や揚げ物が減っていて(揚げパンやイカリング、デザートなど子どもの人気メニューが明らかに減っているらしい!)子供達の楽しみが減ったと聞いているので、「揚げ物が減ったというのは、食用油の高騰が理由にあり、それでもカロリー計算や栄養などはきちんと計算された給食であることは予想し感謝するが、食育の観点やそもそも子供達の楽しみのためにも、今回私が子供達から聞いたことが主観的なものなのか、事実として様々な影響が出ているのか、全体的な学校給食の調査をすると共に、質の確保もお願い」しました。

※ブログの更新はすごく稀ですが、
InstagramやFacebookでは常時更新しているので、そちらも併せてご覧ください。

Instagram →https://www.instagram.com/aki.yanazawa/?hl=ja

Facebook→https://ja-jp.facebook.com/aki.yanazawa

港区議会議員 やなざわ亜紀

みんなに広げてね!