プロフィール


港区議会議員 やなざわ亜紀 港区議会

1981年5月13日生まれ おうし座 A型
徳島県出身。香川大学法学部卒業(大学は奨学金で通う)の四国生まれ・四国育ち。
大学卒業後、株式会社資生堂(総合職)を経て、港区議会議員へ(2011年〜)。
港区議会自民党議員団副幹事長。エレベーター等安全対策・新型コロナウィルス感染症対策特別委員会副委員長。

キャッチフレーズは、名前の「あき」と自身の性格から、「あきらめない!」
1期目は、自身の出産後、保育園に入れない現状に、「子育て世代の声は届いているのか」、「私たちの税金は何に使われているのか」と(港区は当時、待機児童率が23区内ワースト1であった)という疑問、憤りそのままに、とにかく待機児童の解消に全力を尽くしました。
資生堂という女性活躍の最先端とも言える企業での経験を活かし、議会で様々訴え、提案。その間、港区政史上、過去最大の待機児童解消のための予算が施行され、待機児童数は8年ぶりに2桁まで減少。保育園の保育料2人目以降の無料化も決定(認証保育園までの範囲は全国初)。芝浦アイランドこども園の認定こども園化も決定。
1期目任期中に離婚しシングルマザーに。呼称を「やなざわ亜紀」に変更。
政治家にとって、一旦 覚えていただいた名前を変えることは一般的に良策と言えませんが、娘と同じ性を堂々と名乗ろうと思い、旧姓に変更しました。
その後、女性の声、子育て世帯の声や、ひとり親など小さな弱い声も、しっかりと区政に届け政策を実現していきたいとの想いで、民主党を離党し、自由民主党に入党。
2015年、 現在名の「やなざわ亜紀」で再選。議員になって以来ずっと訴えてきた、小児夜間の初期救急医療施設も愛育病院で開設が決定、医療的ケアが必要なお子さんへの保育サービスの開始が決定(NPO法人フローレンスさんに依頼)、病児保育・病後児保育の助成や東京都の基準を満たす無認可保育園利用の助成も決定。現在、港区は大きく合計特殊出生率を伸ばし、23区1位に!(現在1.44!)
2019年、3期目当選。悲願の待機児童解消を達成。建設常任委員会の委員長として港区の街づくりに尽力する他、従来訴え続けた、子どものインフルエンザ予防接種費用の助成決定や、高輪築堤の保護、港区電子図書館の実現や3歳児健診の拡大など様々な政策を実現に繋げています。

現在は再婚し11月に出産。12歳と0歳児を子育て中!

私の政策は、未来を見据えた総合的な少子化対策なので、子ども・子育て支援だけではなく、教育、女性の就労支援、育児と仕事の両立、介護支援、行政改革、環境・都市計画、文化・芸術振興など、広範囲に日々奮闘しておりますので、どうぞご相談・ご要望ください。

港区政史上、
女性としては最年少で委員長に就任(行財政等対策特別委員会)、
2015年:エレベーター等対策特別委員会の委員長。
個人では「ブルーバード」医療的ケア児支援の会。

好き:オードリー・ヘップバーン、浅田真央選手、幕末史、幕末に関わる歴史探索。

現在の役職&所属委員会など(2019年〜)

    • ◆港区議会
      ・建設常任委員会(委員長)
      ・行財政等対策特別委員会
      ・東京オリンピック・パラリンピック対策特別委員会
      ・区民文教常任委員会
    • ・エレベーター等安全対策・新型コロナウィルス感染症対策特別委員会(副委員長)
    • ・令和3年度予算特別委員長
    • ・港区自民党議員団副幹事長
  • ◆自由民主党 港区総支部
    ・女性活躍推進部長
    ◆個人
    ・日本女性プロ将棋協会(LPSA)顧問
    ・徳島交流大使
行財政委員会委員長