◆港区子どもサミット 娘も参加


昨日は「港区子どもサミット」と言い、いわゆる【子ども議会】みたいなものなのですが、港区立小学校・中学校のそれぞれの代表が港区議会に集まり、本会議や特別委員会を開き、意見や提案を発表したり議論したりしました。
実は娘のマオも学校代表で参加。

私は貧血の上、退院して5日目だったので、身体は辛目だったのですが、赤ちゃんのお世話や体調でマオの勇姿が観れないのはマオに申し訳無さすぎるのと、マオが私の仕事場である港区議会に来るので、傍聴に行きました。

マオは、私の入院中も、資料集めや考察を重ね頑張っており、当日は同級生のパートナーと共に委員会でもしっかりと発言できていて、凄かったと思います。そして最後に謝辞も述べていました。


娘のこと抜きに、議会や行政が、子供たちの意見や考え等をしっかりと受け止める機会があるのは、とても重要なことだと思います。
(ドイツがこうした取り組みがとても盛んで過去に“港区議会で子供議会を開くべき”と提案をしたこともあります。)

私も港区議会で子供たちの意見を実現して行きたいと思います!

港区議会議員 やなざわ亜紀

みんなに広げてね!